読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toRideで行こう。

NO BIKE NO LIFE

朝練

二部練の第一グループで出走。朝練が二部制になってなってから第一グループで出走しようと決めているので躊躇なくスタート位置で待っていると今日のメンバーが濃すぎてちょっと後悔。プロトライアスリートの方が二名、TRメンバーのTさん、T内さん、トライアスリートの方二名と自分の7名。完全に自分の居場所じゃない?迷惑をかけないように緊張しながら出発。
まずは35-36km/hでスタート。ローテはもちろんくるくるローテ。5分後に少しペースアップ。38-40km/hを6名でローテ。いつもはこの調子だと布施の交差点までもたない。しかし今日は違う。ケイデンスは100-110rpmだが脚も心肺もいっぱいにならない。
さすがプロの選手や実業団の選手がいると集団が安定する。恐らく今日は二部練?という事でかなりセーブしてくれていたのかも知れないが超安定集団でいつもよりペースが速いはずなのに全く千切れない。(きついけど…)
いつもと何が違うかというと

  1. まっすぐ走る(フラフラしない、カーブもラインを守る)
  2. 上げ下げしない(先頭に出る時も、下がる時も集団の速度が乱れない)

こう書くと簡単だが実際はとても難しい。集団がとても安定して前の人の後輪をいちいち気にしたりラインをずらしたりしなくて済む。こんな所も疲れない理由かもしれない。
そして一周目のだらだら坂。信号で停止して再スタート。一番不得意なパターン。案の定、途中でズルズル後退して10m離される。ダンシングで追いつこうとするが力が出なくて一気に離された。集団の後ろから追走して来た二人に「ラスト!」と最後尾を伝えられたがついて行けずここから一人旅。
二周目のカンナ街道で第二グループに拾われて最終周回へ。種屋の坂と高校の坂は全く踏めず朝練終了。
親水公園でコーラ休憩をして帰宅。途中、H無さんがフルマラソンのトレーニングでふれあい道路を走っていた。
途中で千切れたが今までの自転車人生の中で一番高いパフォーマンスで走れたのではないかと思う。