読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toRideで行こう。

NO BIKE NO LIFE

ウェアの補修

海外通販でasossを買ったばかりだが常々、落車で破れたり、くたびれてしまったウェアを自分で補修したいと思っていた。
 
そしてこんなものを見つけた。「ジャージ用補修布」生地はサイクルジャージと似た感じで伸縮性がある。アイロンを使って生地を貼り付ける。使用説明書によるとあて布をして熱圧着する。中温120℃〜150℃で熱をかけるがジャージ関係のタグには「低」の文字があるが構わず中温で補修開始。

落車ではないがサドルとの接触面が擦り切れてパットがむき出しになった所を補修。
 
筑波山の下りで落車してお尻が丸出しになったレーパンを補修。(裏と表)
 
同じく筑波山で落車して大きな穴のあいたシューズカバー。白だけど黒い補修布で補修。

初代toRideジャージ。擦り切れて薄くなり縫い目から穴があいていた所を補修。
とりあえずみんな補修出来た。
興味のある方はこちら…河口株式会社さん
各色取り揃えてあるみたいです。