読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toRideで行こう。

NO BIKE NO LIFE

JCRC最終戦


今年最後のレースに行って来ました。結果はEクラスのポイントレースでポイントつかず完走のみでした。落車に巻き込まれる事もなく無事に走り切る事が出来ました。気温はあまり高くなかったのですが時より日差しが射して穏やかな一日でした。
4時起床。着替えをして自転車とローラー台を積んで弟宅へ。約一時間でNATSに到着。まだ受付けが準備中だったが試走は可能だったのでハガキをジャージのポケットに入れて試走開始。やっぱりNATSのコースは危険なポイントがいっぱい。試走している時も斜行が多く、テクニカルなコースに集団走行に慣れていないライダーも多く危険なポイントが倍増…

途中、受付け開始のアナウンスがあり試走を中断して受付けを済ませる。Eクラスは今回もキャップの色が紺。早くこの色から脱出したい。その後、試走時間ギリギリまで試走をして個人TTが始まるのでスタートゴール地点で待機しているとS見さんも合流して談笑しながら観戦。朝練で顔見知りのFさんを応援してからクラスレースに備えてアップに移る。
アップは三本ローラー。体を温めてから心拍を185bpmまで上げて5分維持。いったん心拍を落としてまた185bpmまで上げてクールダウン。約40分でアップ終了。S見さんのFクラスが始まるので準備してコース脇に移動。Fクラスは人数の関係で2分割。1分差で2組目がスタート。1組目は2人の逃げが決まり、2組目はまったりペース。
Fクラスのレースが終わりいよいよEクラス。一周目はローリングスタート。バイクの先導で一周回してから8周回する。ローリングスタートの最終ヘアピンカーブで軽い接触。左カーブ、集団の中で自分の後ろのライダーが左に大きく切れ込んだので自分の右腰にもたれかかるようにぶつかって来た。後ろで怒号が飛び交ったが落車はなかった模様。集団でのカーブはラインをキープして曲がりましょう。集団内で自分勝手なアウトインアウトはあり得ません…
その後号砲が鳴ってポイントレーススタート。
10番手くらいで何周回かしたが前に上がれず、5周目くらいに落車がありずるずると集団から離れ最後は単独でゴール。あっという間にレース終了。目標の1ポイントは取れなかった。
ゴール後にBLANCHEの選手が話しかけてくれた。集団が危なすぎるので一周回目で降りてしまったとの事。強そうな人だったのに残念。でも、そういう選択も十分ありだと思った。
チップ返却と引き換えにくじ引きをして参加賞をもらう。レースは残念だったがくじ引きではJCRCオリジナルワインが当たった。JCRCの方の話しではちゃんとオーダーして作ってもらっているそうだ。年末年始に飲もう。
その後、Cクラスレースを観戦してからWAVE ONEのブースが出ていたのでじっくり見学。国産で安くて高品質なサイクルウェアだと思う。ビブショーツは本当に欲しくなった。
今回はクラスレースだけなのでみなさんに挨拶をして帰宅。無事に今年のレースが締めくくれて良かった。次はお正月のもてぎ100km。