読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toRideで行こう。

NO BIKE NO LIFE

JCRC最終戦 in NATS

今年最後のレースとなったJCRCの最終戦。昇級はないがBSアンカーの選手が一緒に走ってくれたり参加賞や賞品が充実しているので毎年参加してる。前日の天気予報は雨。しかも気温もかなり低いらしい。雨のレースは慣れっこだが冬の雨は肉体的にも精神的にもつらい。

出発〜会場入り

4:30起床、5:00自宅を出発して弟の家に。自転車を積み替えて一台で会場に向かう。天気はやはり雨。気温も予報通り低い。そして強い北風。コンビニで朝食と昼食を購入。7:00少し前に会場入り。7:30から受付け開始なので少し早く着いたかな?と思ったが、いつも停めている駐車場がすでにいっぱいになっている模様。サーキット少し手前の建物の軒下にローラー台を設置してしばし待機。寒くてとてもじゃないけど表に出る気になれない。車の中で暖を取る。K加さんから携帯に電話がありすでに会場入りしているとの事。今日がJCRCデビュー戦なので怪我のないように頑張って欲しい。

個人TTDNS

既に受付けが開始されていたので葉書を持って受付へ。サインをしてクラスレースとチームエンデューロのチップをもらう。会場のアナウンスで個人TTに出場の選手の集合がかかっていた。まだアップもしていないし着替えが足りなくなってしまうのでDNSを決意。

クラスレース

クラスレースはEクラスのポイントレース。時間は10:00過ぎなのでまだまだ時間がある。軒下においたローラー台でアップ開始。最初の30分くらいは心拍140台で体を温める。乗り始めて5分で寒さを感じなくなった。出走30分前くらいになってから心拍を10拍ずつあげて5分頑張る。最後は180拍でまであげてから軽く流してアップ完了。相変わらず雨と風は収まる様子はない。スタート地点に向かい待っている間に体がすっかり冷えた。
Eクラスの出走は約20名。寒くてレースを楽しむ余裕がない。一周目はローリング。この周回はカウントしない。号砲が鳴ってレーススタート。序盤のペースはあまり速くない。コーナーも十分減速している。その分立ち上がりが苦しい。途中で集団が中切れ。やはりクラス分けをしているとはいえ参加者のレベルはまちまちで登りとコーナーの立ち上がりでふるいがかけられた。
結果はポイントなしの10位。自分の後ろには1名だけであとはみんなDNFだった。弟もDNF。
急いで着替えて車の中で暖を取る。チームエンデューロまで3時間以上あるので車の中で爆睡した。

チームエンデューロ

レース一時間前に起きてアップ開始。30分ローラーを回す。風はまだ吹いているが雨は段々と弱くなって来た。スタートする頃には雨はあがった。90分を3名で走るので一人30分ずつという事になり私が一番。弟が二番。K加さんがアンカーになった。
スタートラインに並ぶと10チームくらいしかいない。ただでさえ集団が出来ないのにこれじゃほとんど単独走になりそうだ。スタート前の注意事項でレース時間が90分が75分に短縮された。スタートしてから数周は集団はほぼ一つだったがすぐに先頭集団とそれ以外の単独走になってしまった。頑張って30分走って第二走者の弟にバトンタッチ。