読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toRideで行こう。

NO BIKE NO LIFE

2009筑波8時間耐久レースinスプリング16th(シリーズ1戦)

toRide最大のイベント「筑波8耐」がとうとうやって来た。この日の為にたくさん練習して来た。自分の力も試したいが、チームの為にも走りたい。
4時に起床して4時半出発。自宅から会場の筑波サーキットまでは1時間かからない。前泊していた弟と会場入り。5時少し過ぎに筑波サーキットに到着すると既に場内の駐車場に車が入っている。どうやら一般道に車があふれてしまい時間より早くゲートオープンしたようだ。
他の先発メンバーと連絡を取って合流し、受付けと荷物搬入の段取りを取る。既に車両が相当数入っていたので受付けは30番目くらい。タープやブルーシートを準備して搬入口に並ぶ。その後、メンバーが徐々に集まり受付け開始。いつもの場所にタープ4張りとバイク置場を確保して自分の荷物を運びこむ。
ゼッケンとセンサーをセットして試走開始。24kmを約50分かけて走る。インナーでアップした後、アウターで2周レースペースで走る。心拍を188まで上げて後はダウン走行。今年もスタートライダーなのでアップはこのくらいにしておく。いったん戻ってボトルにドリンクを補給したり3本ローラーで体を冷やさないようにスタートを待つ。
9時40分になりいよいよスタートライダーの招集がかかった。ゼッケンNo,183なのでスタート位置は半分より後ろ。先頭は遥か彼方だ。ただでさえペースの速いスタートラップ。そして最も落車リスクが高い。何とかして先頭集団に乗ってスタートライダーの役目を果たしたい。
今回の8耐はtoRideから7チームが参戦する。不動のエース、T澤ファミリー、初心者、+女子、この4チームはそれぞれのペースで走り、残りの3チームは脚を揃えて3人で走るという作戦。この3名で力を合わせて走る事も忘れてはいけない。とりあえずスタートは危ないので2〜3周回は様子をみて集団が落ち着いたら合流しようという事にした。
カウントダウンが始まって10時ピッタリにスタート。大集団がコースを埋める。次第に集団は細長くなりいくつかに分断された。自分がいるのは第二集団。先頭集団からは数百メートル離れている。追走を始めて3周目でようやく追い付く。やっぱり大集団は楽チン。そのまま周回を重ねて第一走を終了。

第一走

継続時間:32分39秒
距離:22.5km
心拍数:182/191bpm
速度:41.4/48.6km/h
ケイデンス:104/126rpm

先頭集団に追い付く追走が苦しかったが、まだサラ脚だったので助かった。かなり脚を使ったかな?と思ったが意外と大丈夫だった。3人で走行する予定だったが一人が千切れてしまい、あっけなく作戦は第一走者で崩壊。その後は合流出来れば一緒に走る作戦に変更。

第二走

継続時間:32分09秒
距離:20.4km
心拍数:180/193bpm
速度:38.3/48.1km/h
ケイデンス:102/119rpm

程良い集団を見つけて3分〜3分10秒で周回。まずまずのラップで周回出来たと思う。この時点でアンカーを申し渡される。なので第三走は短めで良いとの指示だったので少し楽をさせてもらう。

第三走

継続時間:18分10秒
距離:10.2km
心拍数:172/188bpm
速度:34.7/44.0km/h
ケイデンス:98/118rpm

アンカーに向けて少し長めのインターバル。補給をしっかり取ってリラックスする。とにかく自分のして来た練習を信じて走るしかない。ピットクローズの数分前にライダーチェンジ。ぶっ倒れるまで走るしかない。
集団は5〜6名。脚はだいたい揃っている。3分5秒〜10秒のラップタイム。無線で15秒後に高速集団が迫って来ているとの情報。とにかく切れてはいけない。6周か7周回目のバックストレートで高速集団に追いつかれる。そんなに速度差がなく無事合流。おそらく集団は巨大化しているだろう。集団に埋もれないように20番手あたりをキープ。
腕時計で時間を確認すると残り3分。次かその次で必ずブルーフラッグが振られずはず。既にメインスタンド前はものすごい歓声。まだブルーフラッグは出ない。次に必ず出る事を確信してメインスタンド前を45km/hで前に出る。坂の頂上で10番手まで上がる。
次のメインスタンド前。最終コーナーを抜けるとブルーフラッグが出た。という事はこの集団にトップチームがいる。先頭10番手以内で踏みまくる。この速度、この状況で自分の前に数名しかいない。バックストレートの速度は45km/h超。第4コーナーを抜けて最後のスプリント。アウタートップで踏み倒してゴール。スプリントの速度は50.3km/h。何だかプロのスプリントを体験したような気分だった。

第四走(アンカー)

継続時間:34分45秒
距離:22.460km
心拍数:172/191bpm
速度:38.8/50.3km/h
ケイデンス:100/115rpm

パレード走行の準備でコースをゴールに向かって走っているとエースチームのK菅さんが最後のゴールスプリントを制して総合3位に入ったといっていた。3位!ついにtoRideもここまで上り詰めた。
パレード走行を終えてピットに戻るとK菅さんが胴上げされていた。後片付けと表彰式を終えて、恒例のとんかつを食べて帰宅。
今は完走の余韻に浸っていよう。そしてまた練習しよう。